未分類

バトンパスのルール、失格は何故?テイクオーバーゾーンとは?動画あり!

バトンパスのルール、失格は何故?とあまりリレーを見ない方はオリンピックを見て初めてルールについて調べた方も多いと思います。

オリンピック陸上男子決勝で多田選手から山縣選手へのバトンが繋がらず失格となりました。

バトンパスのルールと失格は何故なのか、テイクオーバーゾーンについて調べました。

スポンサーリンク

バトンパスのルールと失格は何故?

バトンパスにもルールがあり、今回の失格はテイクオーバーゾーン内でバトンの受け渡しができなかったことが原因です。

テイクオーバーゾーンとはリレーのバトンパスが行えるゾーンのことです。

加速したベストなタイミングでバトンパスをしようとするとどうしてもギリギリを攻めることになってしまうようです。

スポンサーリンク

バトンパスの瞬間はどんな感じだったか

映像を見る限りギリギリを攻めていますね。

勝つための作戦だったかと思いますが、失格となってしまい選手も応援している側も悔しい結果となりました。

スポンサーリンク

まとめ

バトンパスのルール、失格は何故なのかはテイクオーバーゾーンを超えてしまったことが原因でした。

しかし、失格を恐れずギリギリを攻めた多田選手、山縣選手、日本チームに称賛の声も多くありました。

結果は残念でしたが、ここまで頑張ってきた選手の皆様は本当にカッコ良かったです。

今後の活躍にも期待ですね!

スポンサーリンク